事業内容・強みについて|大阪市平野区の有限会社富士ダイカスト

FACILITY
事業内容

事業内容

創業50年以上続く「確かな技術」と
「発想力」・「生産設備」の総合力で
制度の高い製品づくり
実現しています。

富士ダイガストは、アルミダイカスト製造業として、昭和37年創業、50年以上に及ぶ実績を築き上げてきました。

産業機器全般に使用されるローターやモーター類の備品の製造。アルミダイカストマシンを主に活用したアルミ鋳造により、クオリティを提供する経験豊富な職人が高い技能を生かし、常にお客様のニースに応える為に高品質な製品づくりに取り組んでいます。

現場の実情を逐次把握した適切な工程管理により、しっかりした納期管理を行い、生産設備も充実させ、一貫生産体制を確立し安定した製品づくりを続けております。

  • アルミダイカスト鋳造(インサート製品、ローター製品など)
  • 純アルミダイガスト製品、亜鉛ダイカスト製品
  • 機械加工製品
  • 金型製造
  • アルミ加工製品
  • 表面処理

冨士ダイガストの強み

アルミダイカスト製品に特化した
モノづくりを続けた職人技。

ダイカスト鋳造技術

アルミダイカスト製造業として、自動車や産業機械等に使用される「モーターブラケット」や大型輸送機(鉄道車両、航空機等)モーター、各可動部位の摩擦熱を取り除く等に使用される送風機を固定するための送風機ブラケットです。その他当社では、80品目を超えるモーター、送風機に関連する製品を多く製造しております。創業から50年以上技術力と発想力を活かし、創意工夫を続けて技術を蓄積し、誇れるのはプライドと職人技です。

1ロットあたり50個からの対応を可能としております。

多品種小ロットで髙複雑な製品の
対応が可能

お客様の在庫・発注量に合わせた生産計画の立案を可能です。1日3回以上の金型交換の段取り替えに対し、シングル段取りを行えるよう、熟練工を中心に、徹底したOJTによる訓練を、作業者や営業が繰り返し実施してきた結果可能に。

革新的次世代アルミダイカスト技術で精密鋳造を実現。

一貫体制を確立する生産設備

3次元設計ツールによる図面作成と立体マシニングセンタやNC自動旋盤の高性能機械で、金型製造を完全自動化。金型製造及びアルミダイガスト製造のデジタル化を実現。部品の薄肉化、高強度化、高機能化、軽量化などの開発推進に伴う産業、介護関係、医療関係の分野にも対応可能に。

私たちの強みは人・技術・設備

ただの製造業にあらず
私共は、顧客様が、何を必要としているかを瞬時に理解し
製品が市場に出てからも安定供給に繋がるパートナー
であることが両方の成功であり、また幸せである実感を
共有できる存在でありたい

経験豊富な社員が高い技能を生かして作業にあたります。
常に生産進捗状況を確認して柔軟に対応し、知見と経験。高い技術力を提供し、的確な納期管理を行います。
現場の実情を逐次把握した適切な工程管理により、しっかりした納期管理を行っています。

  • 職人魂で挑戦に挑み続けます「製品開発の相談」
  • 関連企業とのつながり「大・小ロット生産可」

まずはご相談ください

このページの上まで戻る